<< JR水道橋駅で人身事故 中央・... 財政健全化へ関係閣僚委=数値目... >>

<アイヌ>「知里幸恵記念館」着工 伝統儀式で安全祈願(毎日新聞)

 「アイヌ神謡集」を残したアイヌの知里幸恵(1903〜22年)の生涯と業績を伝える「知里幸恵 銀のしずく記念館」の着工式が8日、幸恵生地の北海道登別市登別本町2で行われた。NPO法人・知里森舎が建てる。02年から建設募金委員会(作家・池澤夏樹代表)に寄せられた約2400人の浄財約3000万円が充てられ、幸恵の命日(9月18日)前日までの完成を目指す。

 この日はチセ(家)建設時の伝統儀式「チセコッエノミ」が行われ、アイヌの北原次郎太・北大准教授(34)を祭主に、工事の安全を祈願した。記念館は木造一部2階建て178平方メートル。アイヌ神謡集の初版本、草稿ノートの復刻版など約300点を展示する。

 募金委員会メンバーで童話作家の加藤多一さん(75)は「(社会に)差別や圧迫される存在があることを認識し直される象徴的な場になればいいと思う」と語った。知里森舎理事長で幸恵のめい、横山むつみさん(62)は「多くの人に支えられ、ここまできた。感無量」と話した。【新庄順一】

【関連ニュース】
今週の本棚:池澤夏樹・評 『井上ひさし全選評』=井上ひさし著
水俣病:被害者招き語り継ぐ 記念講演会、有楽町で24日 /東京
登別:知里幸恵記念館着工 アイヌ伝統儀式で

当直JR社員「二度寝」、駅の出入り口開かず(読売新聞)
子宮頸がんワクチンの認知度、「発売後」は3倍に(医療介護CBニュース)
<普天間>北マリアナ知事が親書 海兵隊受け入れで会談要請(毎日新聞)
子ども手当は1万3000円以上 民主、満額は見送り(産経新聞)
こいのぼり 全長100メートル 埼玉・加須(毎日新聞)
[PR]
by wijmyfdke8 | 2010-05-10 23:44
<< JR水道橋駅で人身事故 中央・... 財政健全化へ関係閣僚委=数値目... >>