<< 宇宙から絵本読み聞かせ=野口さ... 緊急医療チーム派遣は当面見合わ... >>

若手らが執行部批判=自民「期別懇談会」開催(時事通信)

 自民党は3日午後、党本部で衆院当選回数別の「期別懇談会」を開いた。懇談会は党の支持率が低迷する中、中堅・若手の声を聞き、参院選に向け党内の結束を図るのが狙い。懇談会では、国会での審議拒否への批判や若手の積極登用を求める意見が相次いだ。
 懇談会は谷垣禎一総裁、大島理森幹事長ら執行部が当選1〜4回の議員を期別に分けて意見を聞いた。この中で、菅原一秀氏は「審議拒否はやるべきではなかった。長崎県知事選で勝ち、直近の民意はここにあると予算委員会で発信するべきだった」と執行部の対応を批判。斎藤健氏は「民主党の支持率が下がっても、自民党の支持率が上がらないのを危惧(きぐ)している」と述べた。
 さらに、衆院予算委員会での質問者がベテラン議員中心だったことから、平将明氏は「もっと若い人を前面に出してほしい」と訴えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

年金一元化、8日に議論開始=首相と関係閣僚ら(時事通信)
自殺対策でキャンペーン=福島担当相(時事通信)
高校無償化審議入り、「公私格差」が焦点に(読売新聞)
固定資産税など過徴収、5347万円返還へ 大阪・四條畷市(産経新聞)
衰弱死の4歳児、児童相談所が強制保護断念(読売新聞)
[PR]
by wijmyfdke8 | 2010-03-06 07:47
<< 宇宙から絵本読み聞かせ=野口さ... 緊急医療チーム派遣は当面見合わ... >>